マイタケで稼げる?M3(エムスリー)の実態に迫る!

体に良さそうなマイタケですが、マイタケ製品を扱っているのがM3というネットワーク企業です。過去には業務停止命令を受けたこともあるようですが、M3って一体どんな会社なのでしょうか?またユニークともいえるマイタケ製品は、初めてネットワークビジネスに挑戦する人でも成功しやすいのか、どのような報酬プランなのか、その実態に迫ります!

M3ってどんな会社?

会社概要

会社名株式会社M3(エムスリー)
本店所在地〒105-0013
東京都港区浜松町2-1-13芝エクセレントビル1F
電話番号03-6809-2535
創業2007年4月12日
資本金1億円
代表取締役社長西山啓道
博多支社〒812-0012
福岡県福岡市博多区博多駅中央街4-8 ユーコウビル2F
電話番号:092-477-8035
M3公式ホームページより

社長について

社長の西山啓道氏はもともとネットワークビジネスの成功者でかなり凄腕のようです。
その経歴を見てみましょう。

1963年2月20日生まれ 千葉県出身

20歳:アムウェイ参加
26歳:運送業企業
33歳:ニュースキン参加→世界タイトル、トップディストリビューター獲得
39歳:インフォベース株式会社設立
42歳:ファイナリスト株式会社設立
44歳:株式会社M3(エムスリー)設立
46歳:株式会社M3(エムスリー)グランドオープン

20歳からネットワークビジネスの経験があり、あのニュースキンでは世界タイトルまで取得しています。若くしてネットワークビジネスで成功され、業界ではかなり有名な方のようです。

業務停止命令について

過去の歴史を調べてみると2016年に東京都より業務停止命令を受けた事実があります。

平成28年3月3日
生活文化局

本日、東京都は、当該事業者に対し特定商取引に関する法律(以下「特定商取引法」という。)第39条第1項に基づき、業務の一部停止(9か月)を命じました。
当該事業者は、大学生に「広告ビジネスの話がある。紹介したい。」などと契約意図を隠して大学の友人を誘い出させ、「3人誘ってしまえば後は何もしなくてもずっとお金が入ってくる。」などと言葉巧みに告げ、連鎖販売取引のリスクを理解させないうちに、マイタケ健康食品を商材とする契約を締結させていました。

会社の規約では学生の勧誘は禁止になっているのにもかかわらず、それを無視して大学生を相手に活動を行っていたようです。
被害にあった学生たちが消費者センターへ問い合わせをするなどして事態が発覚し、業務停止に至ったようです。

マイタケ製品にはどんなものがあるの?

マイタケ成分について

MD-フラクションとは、神戸薬科大学の難波名誉教授により発見された、マイタケに含まれる有効な多糖体(βグルカン)であり、身体全体が元気になるよう働きかける効果が期待されています。アメリカニューヨーク市の”スローンケタリングキャンサーセンター”をはじめとする様々な機関で研究が行われ、 論文・学会発表が行われてきました。製法特許 2859843号

MX-フラクションもマイタケに含まれる有効な多糖体(βグルカン)のひとつであり、難波名誉教授によって発見されたものです。とりわけ生活習慣・食習慣の乱れがちな方が健康を維持するのを助ける成分であることが発表されています。

引用:M3公式ホームページ

「黒マイタケ」はシロフ(白色)、トラフ(茶色)、クロフ(黒色)の3種類の中でも希少性もあり高価格で取引されているマイタケです。身が締まっていて香りや味も濃厚、最高ランクとされています。「黒マイタケ」は天然に近い環境と厳しい管理下での元、人工栽培されています。マイタケにストレスを与えることにより、香りや味も本物に近いものに完成。一般的なマイタケよりもうまみ成分が多く、ビタミンDも約3倍も含まれていると言われています。

製品紹介

では実際の製品についてみていきます。

M3公式ホームページより

M3 Kuro-MDF

製品名:M3(エムスリー)    
内容量:30㎖
会員価格(税込):¥12,960
原材料名:マイタケエキス粉末
    (MDフラクション含有・国内製造)
     グリセリン
ポイント数:100P

M5 Kuro-MXF

M3公式ホームページより

   製品名:M5(エムファイブ)
   内容量:90g(300mg×300粒)
   会員価格(税込):¥12,960
   原材料名:マイタケ粉末(MXフラクション含有 
                   ・国内製造)
        粉末還元麦芽糖水飴、ショウガ末、
        微結晶セルロース、ステアリン酸カルシウム
   ポイント数:100P

M3公式ホームページより

M5 1/2 Kuro-MXF

製品名:M5 1/2(エムファイブハーフ)
内容量:45g(300mg×150粒)
会員価格(税込):¥6,480
原材料名:マイタケ粉末(MXフラクション含有・国内製造)
     粉末還元麦芽糖水飴、ショウガ末、微結晶セルロース、
     ステアリン酸カルシウム 

ポイント数:50P    

※黒マイタケを使用した製品は以上3点のみのようです。

その他の製品も見ていくことにしましょう。

M Design


製品名:M Design(エムデザイン)
内容量:27g(300mg×90粒)
会員価格(税込):¥ 6,480
原材料名:栗渋皮抽出物、還元麦芽糖水飴、サラシアエキス末、
     β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸カルシウ ム・一水和物/
     結晶セルロース、ステアリン酸カルシウム

M Whip(洗顔フォーム)

M3公式ホームページより

製品名:M Whip(エムホイップ)
内容量:100g
会員価格:¥4,400
原材料名:水、ステアリン酸、ミリスチン酸、グリセリン、
     水酸化K、プロパンジオール、ラウリン酸、
     酸化チタン、ジグリセリン、結晶セルロース、
     グリコシルトレハロース、ココイルメチルタウリンNa
     コカミドプロピルベタイン、加水分解水添デンプン、
     ステアリン酸グリセリル(SE)、
     ステアリン酸グリコール、ステアリン酸PEG-150、
     シア脂、コメヌカ油、スクワラン…など

ポイント数:30P

M Dream(オールインワンジェル)

M3公式ホームページより

製品名:M Dream(エムドリーム)
内容量:45g
会員価格(税込):¥8,800
原材料名:水、グリセリン、BG、ポリメチルシルセスキオキサン、DPG、グリコシルトレハロース、スクワラン、ペンチレングリコール、ベタイン、シア脂、コメヌカ油、加水分解コラーゲン、オリゴペプチド-24、マイタケ子実体エキス、カラスムギ穀粒エキス、グリチルリチン酸2K、ポリソルベート80、加水分解水添デンプン…など

           ポイント数:70P

Miracell(ミラセル)


製品名:Miracell(ミラセル)
内容:1剤(パウダー)2剤(溶解用美容液)
会員価格(税込):¥19,800
全成分:1剤
    ヒト脂肪細胞順化培養液、プラセンタエキス、
    加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na、
    水溶性コラーゲン、豚皮エキス、マンニトール、トレハロース

    2剤
    水、グリセリン、BG、ペンチレングリコール、3-O-エチルアスコルビン酸…など

ポイント数:150P

M3(エムスリー)の報酬プランやかかる費用はいかほど?

M3で報酬をもらうためにはどうしたらいいのでしょうか?

会員登録方法とその費用

会員登録には「アドバタイザー登録」「ユーザー登録」の2種類あります。

アドバタイザー(AD)

アドバタイザー登録は23歳以上の学生以外することができます。
ただし商品購入(特定負担)が必要になります。商品購入には3つのコースがあり、
どれを選ぶか、何ポジション取るかにより変わってきます。

初回購入(特定負担)を下記の表にまとめます。(金額は全て税込)

コース名称  ライトコース
(1P登録)
ベーシックコース
(3P登録)
スペシャルコース
(5P登録)
製品代金¥25,920~¥51,840¥116,640
登録料¥3,300¥3,300¥3,300
送料¥1,500¥1,500¥1,500
合計金額¥30,720~¥56,640~¥121,440~
ポイント200P~400P~(MP200P)
002,003各100P
900P~(MP300P)
002,003各200P
004,005各100P

アドバタイザーの資格について有効期限はないようですが、1か月以内に100P以上購入のない月が半年続いた場合、自動的にアドバタイザーの資格は失効となります。また資格失効になったポジションの下位系列のポジション繰上りはないようです。

その他、アドバタイザー(AD)はユーザー(UR)をリクルートすることができます。
またBPの追加登録もできます。
※BP=アドバタイザーが追加登録したベースポジション
   ただしダイヤモンド以上のタイトル昇格が必要です。

ユーザー(UR ・UM)

ユーザー登録は20歳以上なら誰でも無料でできます。商品を購入することはできますが、
ボーナスの取得やユーザーリクルートの権限、つまりビジネス権限はありません。

報酬プラン(組織構築方法)について

M3ではユニレベルバイナリーという報酬プランを採用しています。

ユニレベル(紹介系列)組織:スポンサーのレベル1(直下)に本人のフロント(直紹介者)      
               が配置されます。自分の紹介者は自分の下につき、努力により
               組織を大きくすることができます。


バイナリー組織2の倍数で組織図が構成されます。自分の下(右と左)に2人つけたら
         その後の紹介者は更にその下につく仕組みとなっています。

オートバイナリーでは、左側優先少ない方優先が条件となっています。コンピューターが
これらの条件を優先してポジションを探して自動で割り振っていきます。
左右うまく作れれば組織も伸びていき収入も得られますが、左右どちらかが方伸びした場合
少ない方の収入にしかならす、頑張ってもなかなか収入に繋がらないことが多いようです。

またバイナリーでは上からの振り落としスピルオーバーも特徴の1つとして挙げられます。
紹介が苦手な方でもチーム戦でメンバーを増やせるという長所もありますが、
実際のところこれを当てにして行動しなくなる、組織が思うように伸びないといった弱点もあるようでうす。ということは収入にも結び付かず、取りっぱぐれも多発しているのが
実態のようでうす。

ボーナスについて

ベーシックボーナス(対象組織:バイナリー)
【取得条件】
・自分自身が商品購入をしていること=アクティブなアドバタイザーであること
・自分の直接紹介者が左右に1人ずついてかつアクティブであること
この2つの条件を満たすことでボーナスが発生します。

MP(アドバタイザーが登録したメインポジション)ボーナス単価
・ACTフロントが最低2人必要
 (ACT=アクディブ、フロント=アドバタイザーがスポンサーとなり登録した会員)
・自身の購入ポイント100~700P

当月ACTフロント数自身の当月購入ポイント各レベルボーナス
2ACT100~700P¥5,000~¥35,000
3ACT100~700P¥6,000~¥42,000
4ACT100~700P¥7,000~¥49,000
5ACT以上100~700P¥7,000

その他にアシストボーナス、アクティブリーダーシェアボーナス(ALBS)もありますが
タイトル取得が必要になりますので次のタイトルのところで説明することにしましょう。  

タイトルについて

ユニレベルで報酬をもらうにはタイトルを取得する必要があります。
各タイトル、ポイント数など下記の表にまとめました。

タイトル自己購入PACT
フロント人数
グループP同タイトル以上の
人がいた場合
ブロンズ(B)100P3人2,000P以上1,000P以上
シルバー(S)150P5人4,000P以上2,000PP以上
ゴールド(G)150P5人8,000P以上2,500P以上
ダイヤモンド(D)200P5人15,000P以上5,000P以上
エグゼクティブ
ダイヤモンド(EXD)
200P5人25,000P以上5,000P以上
ダブルダイヤモンド(WD)200P7人40,000P以上1人では適用外
トリプルダイヤモンド(TD)200P10人60,000P以上1人では適用外
クラウン(C)200P10人※1
150,000P以上
1人では適用外
クラウンアンバサダー(CA)200P12人※2
50,000P以上
1人では適用外

※1:クラウンではダブルダイヤモンド(WD)以上の系列が3系列必須となっています。もしくは、ダイヤモンド(D)以上の実績タイトル者が1名以上いる系列を6列以上保持し、グループPも120,000P以上あることが条件となります。

※2:クラウンアンバサダー(CA)ではトリプルダイヤモンド(TD)以上の系列が3系列以上必須となっています。もしくはダイヤモンド(D)以上の実績タイトル者が1名以上いる系列を9系列保持し、グループPも300,000P以上あることが条件となります。

シルバー(S)以上のタイトルに昇格すると、4月1日~翌年3月末日までにコンプライアンスセミナー受講が必須となります。受講しなかった場合、翌年度のタイトル資格は剥奪される場合があるようです。

アシストボーナス:ユニレベル組織対象
当月実績タイトルがゴールド(G)以上であることが取得条件となります。
当月のアシストポイント3ポイント毎に¥5,000支払われます。
アシストポイントはユニレベル上で最も近い実績ゴールド以上のタイトル者に加算され、
当月余ったアシストポイントは翌月に繰り越すことはできません。

アシストポイント=当月の新規アドバタイザー登録者のライトコースを1P,
ベーシックコースを3P、スペシャルコースを6P

アクティブリーダーシェアボーナス(ALBS)
当月実績のタイトルがダイヤモンド(D)以上であり、指定の書類を提出して会社に認められた方が取得できるボーナスです。
書類の内容としては
・アドバタイザー規約の順守、他のアドバタイザーの手本になる
・コンプライアンスセミナーへの参加(最低年1回)
・グループのフォローや活性化に尽力し、消費者問題解決に積極的に努める
・コンプライアンスの遵守に努める
などに同意誓約して認められる、言わばリーダー報酬とも言えます。

その他、お祝い金やボーナス調整などもあります。

たくさんのボーナスがありますが、取得するためにはビジネス参加、商品購入が必要です。
先に説明した3つのコースのどれを選ぶかにより変わっても来ますので、自分にどのコースが向いているのか慎重に選びたいものですね。

株式会社M3(エムスリー)についてのまとめ

以上会社について、製品について、報酬プランについてみてきました。
先にもお伝えしたように過去に一度「業務停止命令」を受けているため、それを意識した、
ある意味細かい所まで徹底された企業に生まれ変わった、ということもできるでしょう。

禁止行為、オンライン集客はできるの?

会社の定める禁止行為

禁止行為として次のようなことが挙げられています。
・アドバタイザーの登録条件を満たしていない者に対して登録を働きかけること
・明らかにビジネス活動ができない方を勧誘し、契約させること
・消費者金融利用による商品購入を勧めること
・ビジネス登録する意思のない方に長時間強引に説得を行うこと
・「絶対もうかる」「月収○○万円以上は確実に得られる」「紹介活動だけで簡単に収入
 が得られる」等、誇大表現すること
・ボーナスの明細を見せて勧誘すること
・心理的、精神的不安状態の陥らせる等の行為で勧誘すること
・公共の場所において相手の進路に立ちふさがったり相手につきまとって勧誘すること
・道路、公共機関、民間施設などでビラ配りやチラシを配布すること

など34項目の禁止行為が挙げられています。
以前、大学生に勧誘活動を行ったとして業務停止命令を受けていますが、内容から察するに
当時、こういった行為が行われていたのではないかと思います。


モラルに反する行為はM3に限らずどの会社でも行われる可能性があり、各企業でも完全に監視することは難しく、更なる課題でもあるでしょう。


オンライン集客、ネットは活用できるの?

禁止行為34項目の中には次のような項目もあります。

当社の承認を得ずに、雑誌・出版物・インターネット・ラジオ・テレビ
折込広告・DM等のメディアを用いて、本ビジネスの宣伝広告を行うこと。

勧誘のためにSNS・メールを送信すること

会社概要より

これにより「口コミ」での勧誘しか許可されておらずオンライン集客、ネットを活用した集客は禁止ということになります。

我々普通の人はトーク力もないですし、人脈もありませんし、レストラン等で説明してる時間も交通費をかけてあちこち出向く時間もありません。口コミを苦手とする人がほとんどだと思います。口コミで組織を作っていくにはやはり限界があるのではないでしょうか?

初心者でも稼げるのか?

マイタケに含まれる成分グルタミンは体に良い成分であることは周知のことだと思います。
栄養価が濃縮された黒マイタケは更に効果も期待できますが、希少な分価格も割高になります。
人工栽培ということであれば栽培環境を整えたり、天然にくらべてプラスの経費もかかってきますので、いくら体に良いものとはいえ、お財布に優しいとはとても言い難いと思います。

珍しい商材ともいえる黒マイタケを売りにしている割には、それを使った商品が3つしかないというのは少し寂しい気もしますが、今後更なる製品を期待したいと思います。
珍しい商品よりも、メジャーな製品がたくさん揃っている方が手にしやすいのではと思います。

また報酬プランも初心者には難しいバイナリーを採用しており、初期費用も高いですね。
タイトルやボーナスプランは多数設定してありますが、複雑すぎて初心者が全て理解し、
実現させるにはかなり難しいと言えると思います。

現代のネットワークビジネス(MLM)の成功条件


ネットワークビジネス(MLM)で権利収入を求めている人は多いと思います。

しかしなぜみんな続かないのしょうか?努力が足りないからでしょうか?
その一言で済ませるには簡単すぎると思います。

ネットワークビジネスの成功の鍵には
①商材
②報酬プラン

③展開方法
④教育環境
 
   の4つがあります。

ネットワークビジネスを始めるなら無理なく入って無理なく続けられる健全堅実なものがいいですよね。

説明会での魅力的な話だけを鵜吞みにせず、商材、報酬プランなどのネットワーク業界の現実をしっかり知る必要があると思います。さもなくば、難しい方向に進んでしまい精神的にも金銭的にも痛い目にってしまうかもしれません。

客観的に見てどうなのか?時間も資金も人脈もない普通の人に合っているものなのか?
普通の人が無理なく入って無理なく続けられるものなのか?を見極める必要があると思います。

集客法においても、権利収入を求めるあまり無理な勧誘をしてしまい「友達を失った」という話はよく耳にしますよね。インターネットが普及し、その技術も進歩している現代において、
口コミで集客し組織を作っていくのは極めて難しいでしょう。
「ネットを活用できるかどうか?」ということもポイントになってくると思います。

自分も友達も相手も誰も傷つけない、人としても間違ったことをしない健全堅実な所に、
人々は集まってくるのではないでしょうか?
また、汚れや曇りのないグループであるならば、人々は残ってくれるのではないでしょうか?
そこに真の成功があると確信しています。

 


error: Content is protected !!