QサイエンスのCBDオイルで稼げるのか?徹底解説!

空前の「グリーンラッシュ」が到来しているアメリカから、今注目されているCBD(カンナビジオール)配合のサプリメントや化粧品などを販売するQサイエンス社が日本に上陸!

2022年にグランドオープンし、ネットワーク企業として本格的に始動しました。
日本でもアメリカ同様、グリーンラッシュは起こるのか?大麻ビジネスは流行るのか?
そして、権利収入を手にすることができる企業なのか?迫ってみたいと思います。

こんな人にお勧め
  • Qサイエンスに誘われているが不安がある
  • 大麻ビジネスについて知りたい
  • CBDに興味がある
  • Qサイエンスに登録したがうまくいかない
  • ネットワークビジネスで成功したい、権利収入を得たい

Qサイエンスってどんな会社?

Qサイエンスの会社概要

会社名Qサイエンス・アジア・ジャパン合同会社
所在地〒2310062
神奈川県横浜市中区桜木町1丁目1番地7ヒューリックみなとみらい10階 
電話番号045―228―5593
事業内容栄養補助食品等の販売
本社米国ユタ州プレザントグローブ市
創業2012年

グリーンラッシュとは?

グリーンラッシュとは、アメリカ北米やヨーロッパを中心に巻き起こっている大麻を使った
ビジネスが急成長していることを指します。2020年の世界市場統計では、CBD市場は2020年に
28憶米ドル、2028年までの年間成長率は21.2%と評価されています。

日本もこのグリーンラッシュの波に乗ろうという流れがあり、厚生労働省では2021年の1月から半年間、「大麻等の薬物対策のあり方検討会」が計8回に渡って開催されました。
また、新型コロナウイルスが流行したことにより、ウェルネス市場も拡大し、CBD製品が注目されるようになってきました。
この背景には、「2017年にWHOがCBDの安全性を認めたことが大きい」と一般社団法人 日本化粧品協会・カンナビノイド審査委員会は推察しているようです。

CBDとは?違法性はあるのか?

CBDとは、Cannabidiol(カンナビジオール)の略称で、大麻から取れる成分の一種です。
麻(大麻草)の茎や種子から抽出される成分で、精神へ与える作用(精神作用)や中毒性がないことで知られており、世界各国のセレブ達をはじめ、医療や健康・美容業界から注目を集める成分です。

日本では大麻は麻薬の一種として法律で禁止されています。
大麻取締法第一条では、大麻の定義を下記のように定めています。

この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。 ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。) 並びに大麻草の種子及びその製品を除く

よって大麻由来であっても、成熟した茎や種子から抽出されるCBDは、合法であるといえます。
厚生労働省・検疫所に成分分析表・製造工程表などを提出し、成熟した茎や種子を原料としていることを証明されているため合法で販売可能です。

また、CBDと対比される成分として、THCという成分があります。
THCとは、tetrahydrocannabinol(テトラヒドロカンナビノールの略称で、マリファナの
主成分になっている成分です。THCには中毒性があるため、日本では麻薬に指定されている
禁止成分
です。

CBDに期待できる効果は?

CBDには次のような効果が期待できると言われています。

  • ストレス緩和、リラックス作用
  • 不眠の緩和、皮膚炎症の軽減
  • 血糖値を下げる
  • アンチエイジング

WHO(世界保健機関)においても、2017年にCBDについて以下のような報告をしており、
世界的にも認められた成分であると言えるでしょう。

”CBDは非常に安全で、幅広い容量で忍容性が良好である。公衆衛生上の問題も濫用の危険性もない”

以上、見てきたようにCBDは合法であり、体にも良い影響があるとされています。
Qサイエンス社とは関係ありませんが、日本で一般に販売されているCBD製品の中には、違法成分であるTHCがわずかに含まれた製品も発見されているので、注意が必要と言えるでしょう。

Qサイエンスの取り扱い製品について

Qサイエンスの製品にはどんなものがあるのでしょうか?

FUSE

Qフューズは、ヘンプに元来含まれるカンナビノイド類、テルペン類、フラボノイド類など多種多様な成分をほぼ残した自然のまま、ヘンプの効率性を最大限化することを追求して開発されたフルスペクトラムヘンプオイルのシリーズです。
更に水溶性加工を施すことにより、早いスピードと高い吸収率を実現しています。

参考価格:¥7,736(税込)

その効果の全てが最大限化されており世界最高品質であり一般的なCBDとの差別化を図っています。 FUSEは本来あるべき体内バランスと健康な日々をサポートします。
その効果の全てが最大限化されており世界最高品質であり一般的なCBDとの差別化を図っています。 FUSEは本来あるべき体内バランスと健康な日々をサポートします。

アンフレーバー、シナモン、モカ、ベリーがあるようです。

ロールオンタイプ

Q RERAX:就寝前や寝不足な時、ストレスを感じた時、リフレッシュしたい時に胸、肩、
      首筋、手首に湿布する

Q DEFFEND:季節の変わり目、お疲れ気味の時、身体に不安を感じる時に
       胸からつま先にかけて、また手のひら、手首に湿布する

Q RENEW:肌荒れや、首筋、肩、頭、肘、
      膝、など不具合を感じた時に、
      トラブル箇所へ湿布

クリームタイプ

Q EXCEL:筋肉や関節の痛みに瞬時にアプローチするリカバリークリーム。
     リフレッシング効果を特徴とするハーブエキスとエッセンシャル
     オイルを厳選し、 バランスよく処方。塗った瞬間にスージング効果
     と心地よい刺激が広がりる。

Q ARMOR

季節の変わり目など、体調管理が気になるときに摂取
したい、サプリメントです。
希少性の高い6種類のキノコ(レイシ、チャーガ、
ギュショウシ、シイタケ、トウチュウカンソウ、カワラダケ)とオウギが配合されているます。
免疫力のサポート、免疫システムの低活性または過剰活性のバランスを保つのに役立つちます。

定価:¥8,856(税込)

Q CORE

全身の健康、免疫力に働きかける栄養補助食品。4つの種類があります。

Q MAX PREMIUM :体と脳の健康に最大限の吸収と必須の栄養サポートを提供

Q DIGEST :健康的な食事に含まれるあらゆるものの消化を促進し、容易にするように設計され
      た 11 種類の天然酵素が含まれている。消化が改善されると、栄養素の吸収が促進
      され、「むくみ」の解消にも繋がる

Q ALIGN :慢性炎症に対する健康的な体の反応をサポートするように設計されており、
      可動性をサポートし、炎症に関連する痛みの軽減に役立つ

Q BIOTICS TOTAL:土壌由来の胞子プロバイオティクスとプレバイオティクスの
          ハーブ ブレンドで、穏やかなデトックスを提供し、消化器系の問題の
         正常化に役立つ

Qサイエンスの製品価格

価格に関しては、アメリカ本社のホームページを見ると、ドル表記の価格は記載がありました。
現在1ドル¥140~¥150で推移しているようです。
上記記載製品のみ、下記の価格となっています。(定価)

Q RERAX:$40 (¥5,600~¥6,000)
Q DEFFEND:$40 (¥5,600~¥6,000)
Q RENEW:$59.95 (¥8,393~¥8,992)

Q EXCEL:$67.5 (¥9,450~¥10,125)

Q ARMOR:$59 (¥8,260~¥8,850)

Q CORE:$179 (¥25,060~¥26,850)

CBDオイル、FUSEに関しては、HPを見ても価格等記載されてるものは特にありませんでした。
しかしならが、いくつかのネットショップではかなりの安値でQサイエンス社の製品が
たくさん販売されています。製品のみを購入するのであるなら、ネットショップを利用した方がお得かもしれません。

Qサイエンスの報酬プラン

報酬プランの仕組み

報酬プランはどうなっているのでしょうか?
報酬プランには大きく分けて4つ、ステアステップ、ブレイクアウェイ、バイナリー、
ユニレベルがあります。

Qサイエンスでは、基本はバイナリーを採用しているようです。
それでは、バイナリーについて詳しく見ていきましょう。

バイナリーの報酬プランを採用している企業も、数多く見られます。
「バイ」には2つのという意味があり、自分から必ず2つの枝分かれしたラインで構成されている報酬システムです。
これまでの統計結果より、どんな参入者でも新規で2人を紹介することはできるだろうという思想で作られた報酬プランのようです。

上記の図でAさんがBさん、Cさんを紹介しました。更に3人目のDさんも登録してくれることに
なりましたが、Aさんの直下にはつけることができません。従って、Bさんの直下につけることになります。これがいわゆる「スピルオーバー」というシステムになります。

このようにして、上下の人が協力し合って縦にラインを伸ばしていくのが、バイナリーの特徴です。この取り付け方には、「オートバイナリー」と「指定バイナリー」といった、2つの方法
があり、これによって配置も変わってきます。

このスピルオーバーにより、「チーム戦だから、初心者でもメンバーができる」などと、
言われ一見稼げそうに思えますが、左右少ない方の人数に応じたコミッションしか
獲得できません。
その為「左右均等に伸ばすことがポイントになりますが、片伸びになって
しまう
のもこのバイナリーの特徴です。

スピルオーバーを当てにすることにより、行動さえもしなくなり、逆に組織が拡大しにくい
状況になってしまうことが想像できますね。
また、片方が伸びていることにより、「もう片方頑張れば・・・」といつまでもしがみついて
資金や気力までも浪費してしまう方も、少なくないようです。

その他、報酬プランについての詳細は下記をご覧ください。

トップリーダーが教えないネットワークビジネス(MLM)報酬プランの真実

Qサイエンスのボーナスプラン

Qサイエンスでは、愛用者コミッション、チームコミッション、プロモーションランクボーナス
の3種類の報酬プランがります。各、ポイントやコミッションは下記のようになります。

愛用者コミッション

CV数還元率
101~50015%
501~100025%
1001~200030%
2001~35%

チームコミッション

ランク名PVPA必須組織ボリューム
(QOV)
各系列毎の計算
対象最大OV(%)
月額チーム
コミッション(GBU)
ビルダー100300180(60%)¥6,000
プロ100600360(60%)¥12,000
エグゼクティブ1001,500900(60%)¥30,000
エグゼクティブ+1002,5001,500(60%)¥39,000
エリート1004,5002,250(50%)¥90,000
エリート+1007,0003,500(50%)¥150,000
ブロンズ10010,0005,000(50%)¥204,000
シルバー20025,00010,000(40%)¥480,000
ゴールド20050,00020,000(40%)¥960,000
プラチナ200100,00040,000(40%)¥1,800,000
ルビー200200,00080,000(40%)¥3,000,000
エメラルド200350,000140,000(40%)¥5,400,000
ダイアモンド200500,000200,000(40%)¥7,800,000
ブルーダイアモンド200750,000300,000(40%)¥10,800,000
ブラックダイアモンド2001,000,000400,000(40%)¥14,400,000
ロイヤルダイアモンド2001,500,000600,000(40%)¥19,200,000
プレジデンシャル
ダイアモンド
2002,000,000800,000(40%)26,400,000
クラウンダイアモンド2003,000,0001,200,000(40%)42,000,000

プロモーションランクボーナス

ランク名ボーナス額ボーナス条件
ビルダー¥21,000新規登録月の末日、もしくは翌月末日までにランクアップすること。(新規登録月と翌月のボリューム合算はなし)
プロ¥27,000上に同じ
エグゼクティブ¥72,000上に同じ
エグゼクティブ+
エリート¥180,000エリートランクを獲得し、その後翌月もエリートランクを維持する。
エリート+
ブロンズ¥150,0002か月連続で達成した後、3か月目、4か月目とそのランクを維持すること。
シルバー¥240,000上に同じ
ゴールド¥319,6803か月連続で達成した後、4か月目、5か月目6か月目とそのランクを維持すること。
プラチナ¥699,240上に同じ
ルビー¥1,200,000上に同じ
エメラルド¥1,999,680上に同じ
ダイアモンド¥2,250,0004か月連続で達成した後、5か月目、6か月目、7か月目、8か月目までそのランクを維持すること。
ブルーダイアモンド¥3,000,000上に同じ
ブラックダイアモンド¥4,500,000上に同じ
ロイヤルダイアモンド¥4,800,0005か月連続で達成した後、6か月目、7か月目、8か月目、9か月目、
10か月目とそのランクを維持すること。
プレジデンシャルダイアモンド¥8,400,000上に同じ
プラチナダブルダイヤモンド¥12,000,000上に同じ

ボーナスプランを見ると、還元率も高く、とでも豪華に見えます。
しかしながら、これを達成するにはかなりの金額を買わなくてはいけません
ランクを取得しても、それを維持し続けないとボーナスは獲得できず、
初心者には非常に難しいように思えます。
見た目だけに魅了されず、本当に自分にできるかどうか、よく考える必要がある
思います。

また、Qサイエンスでは口コミで集める方法が主流となっています。
インターネットが普及した現代、また、仕事や子育てに忙しい人たちが
口コミでメンバーを集めるには、かなり厳しいものがあるようにも感じます。
会社の規約に違反せずにネットを活用することができるのがベストだということも、
視野に入れておきたいですね。

突然の?Qサイエンス日本撤退!

2024年5月末を持って、Qサイエンスは日本を撤退したようです。
日本でグランドオープンしてわずか2年という、短期間での撤退となりました。

突然の撤退に驚かれた方もいたかと思います。

「業績不振が続き、年始辺りから資本支援をしてくれる先を模索していて、4月にAwakened社が買収という話が持ち上がりましたが、隠し負債が明るみとなり破談」
というような情報もあります。

会社にとっては突然のできごとではなく、その前から何らかの兆候はあったはずです。
しかし、会員に知らされるのは撤退直前だったりすることが多いようですね。

初心者が

外資や国内の企業でも、新しいからチャンスというわけではなく、
始めるのにふさわしいタイミングというのがあるようです。

以下の記事も参考にしてみてください。

まとめと現代におけるネットワークビジネス(MLM)の成功条件

コロナウイルスという未知のウイルスの世界的蔓延により、より健康に興味を持つ方が
増えてきました。合わせてコロナ禍で起きた経済不安、更に戦争などの世界情勢の影響による
物価高騰など、金銭的問題が私たちの生活を常に脅かしています。

こういった状況下、様々な製品やビジネスが広まっています。
そして、ネットワークビジネス(MLM)で権利収入を求めている人は多いと思います。

しかしなぜみんな続かないのしょうか?努力が足りないからでしょうか?
その一言で済ませるには簡単すぎると思います。

ネットワークビジネスの成功の鍵には
①商材
②報酬プラン
③展開方法
④教育環境    の4つがあります。

CBDという物質は、合法ではありますし、活用法によっては体に良い影響を与えてくれる
ものであることもわかりました。
しかしながら、新しいものや珍しいものはビジネスとして扱うには非常に難しいし、
浸透しにくいと思われます。また、そういったものに資金投入するのも、
多少なりともリスクを抱えていると思います。

製品もビジネスも安心して取り組むには、普段から馴染みもあり気軽にブランドチェンジできる
製品や、無駄な買い込みせずに経済的にも負担のかからないもの、無理なく入って無理なく
続けられるものに越したことはない
と思います。

説明会での魅力的な話だけを鵜吞みにせず、商材、報酬プランなどのネットワーク業界の現実をしっかり知る必要があると思います。さもなくば、難しい方向に進んでしまい精神的にも金銭的にも痛い目にってしまうかもしれません。

客観的に見てどうなのか?時間も資金も人脈もない普通の人に合っているものなのか?
普通の人が無理なく入って無理なく続けられるものなのか?を見極める必要があると思います。

集客法においても、権利収入を求めるあまり無理な勧誘をしてしまい「友達を失った」という話はよく耳にしますよね。インターネットが普及し、その技術も進歩している現代において、
口コミで集客し組織を作っていくのは極めて難しいでしょう。
「ネットを活用できるかどうか?」ということもポイントになってくると思います。

ネットワークビジネスの原理原則を知り、上記のポイントをきちんと理解していれば、
今回のように「日本撤退」などという企業を選ばずに、被害者になるのを回避できる
と強く思いました。

結局のところ、自分も友達も相手も誰も傷つけない、人としても間違ったことをしない健全堅実な所に、人々は集まってくるのではないでしょうか?
また、汚れや曇りのないグループであるならば、人々は残ってくれるのではないでしょうか?
そこに真の成功があると確信しています。



 


error: Content is protected !!